初回ムービー再生

NEWS

CLOSE

イントロダクション

京都を舞台に描かれる、ちょっと風変わりなベストセラー青春恋愛小説が最高のキャスト&スタッフでアニメーション映画化!

第20回山本周五郎賞受賞、並びに2007年本屋大賞2位に選ばれ、累計売上120万部を超えるベストセラー、森見登美彦著作の『夜は短し歩けよ乙女』(角川文庫刊)のアニメーション映画化が決定!京都を舞台に描かれる、どこかファンタジックな青春恋愛物語である本作は、大学生が選ぶ本第1位に選ばれ続けるなど、森見登美彦作品の中でも最もファンの多い作品の一つで、満を持しての初映像化。2017年4月7日(金)に全国公開となる。

主人公“先輩”のボイスキャストには、社会現象となったTBS系火曜ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』など役者としての活動の他、シンガーソングライター、文筆家と様々な分野で活躍する、今最も注目の集まる星野源を起用。アニメ声優として単独初主演の星野は、“黒髪の乙女”にひそかに思いを寄せるも、外堀を埋めるばかりで一向に進展しない冴えない役を演じる。
また“先輩”が思いを寄せるヒロイン、“黒髪の乙女”に花澤香菜、“先輩”の学友である“学園祭事務局長”に神谷浩史、同じく“先輩”の学友“パンツ総番長”に、ロバートの秋山竜次、『四畳半神話大系』にも登場する“樋口師匠”に中井和哉が決定。同じく『四畳半神話大系』に登場する羽貫さん、古本市の神様は、前作に引き続き甲斐田裕子と吉野裕行、更に諏訪部順一、悠木碧、檜山修之、山路和弘、麦人と、話題作に続々出演中の超人気声優が集結。また大河ドラマ『真田丸』での活躍も記憶に新しい新妻聖子も参加し、前代未聞の超豪華キャストが作品を彩る。

本作の監督は、『四畳半神話大系』(2010)や、映画『マインド・ゲーム』(2004)、TVアニメ『ピンポン THE ANIMATION』(2014)など、唯一無二の世界観を作りあげ観客を魅了してきた湯浅政明。中でも本作と同じく森見登美彦原作の『四畳半神話大系』は斬新な映像表現と構成力で熱狂的な人気を博し、TVアニメとして史上初の文化庁メディア芸術祭アニメ部門の大賞を受賞。他、脚本の上田誠(ヨーロッパ企画)、キャラクター原案の中村佑介、さらに主題歌ASIAN KUNG-FU GENERATIONという、『四畳半神話大系』と同じクリエイター陣の夢の再集結が実現した。

CLOSE

物語

クラブの後輩である“黒髪の乙女”に思いを寄せる“先輩”は今日も『なるべく彼女の目にとまる』ようナカメ作戦を実行する。
春の先斗町、夏の古本市、秋の学園祭、そして冬が訪れて…。
京都の街で、個性豊かな仲間達が次々に巻き起こす珍事件に巻き込まれながら、季節はどんどん過ぎてゆく。
外堀を埋めることしかできない“先輩”の思いはどこへ向かうのか!?

CLOSE
CLOSE

クレジット

キャスト
星野 源  花澤香菜  神谷浩史 秋山竜次(ロバート) 中井和哉 甲斐田裕子 吉野裕行 新妻聖子  諏訪部順一 悠木 碧 檜山修之 山路和弘 麦人 原作:森見登美彦『夜は短し歩けよ乙女』(角川文庫刊)  監督:湯浅政明 脚本:上田誠(ヨーロッパ企画)キャラクター原案:中村佑介   音楽:大島ミチル 主題歌:ASIAN KUNG-FU GENERATION  制作:サイエンス SARU 製作:ナカメの会 配給:東宝映像事業部  (C)森見登美彦・KADOKAWA/ナカメの会
原作
森見登美彦『夜は短し歩けよ乙女』(角川文庫刊)
監督
湯浅政明
脚本
上田誠(ヨーロッパ企画)
キャラクター原案
中村佑介
音楽
大島ミチル
主題歌
ASIAN KUNG-FU GENERATION
制作
サイエンスSARU
製作
ナカメの会
配給
東宝映像事業部
コピーライト
© 森見登美彦・KADOKAWA/ナカメの会
CLOSE

ムービー/予告映像


予告編


特報


湯浅監督インタビュー
キャスト発表
花澤香菜さんインタビュー
秋山竜次さんインタビュー
最新キャラ映像
星野源さんアフレコ映像
キャスト
星野 源  花澤香菜  神谷浩史 秋山竜次(ロバート) 中井和哉 甲斐田裕子 吉野裕行 新妻聖子  諏訪部順一 悠木 碧 檜山修之 山路和弘 麦人 原作:森見登美彦『夜は短し歩けよ乙女』(角川文庫刊)  監督:湯浅政明 脚本:上田誠(ヨーロッパ企画)キャラクター原案:中村佑介   音楽:大島ミチル 主題歌:ASIAN KUNG-FU GENERATION  制作:サイエンス SARU 製作:ナカメの会 配給:東宝映像事業部  (C)森見登美彦・KADOKAWA/ナカメの会
CLOSE
CLOSE

コメント

星野源

星野源 先輩役

湯浅政明監督からある日、直筆の手紙が送られてきました。お会いしたこともないのになぜ?と思いながら封を開けるとそこには「星野源さんに主人公を演じていただけたら、絶対に面白い作品になります」と直筆にてオファーの言葉がありました。映画『マインド・ゲーム』を観た12年前のあの日から人知れず湯浅監督作品を敬愛していた私は、お断りする選択肢が浮かびませんでした。“先輩”役、とても楽しみです。何卒よろしくお願いします。

花澤香菜

花澤香菜 黒髪の乙女役

大学生の時、森見先生の文章がとても好きで、原作のあの語り口に笑いながら、あっという間に読み終えてしまいました。今回、私が“乙女”を演じるとことと、小説がアニメ化されることを同時に伺ったので、同時に驚いて、とにかく万歳でした!“乙女”というキャラクターは、面白いことに夢中になって、いろんなこと体験して吸収するタイプ。そんな彼女が“恋愛”をしたら、どうなんだろうというところを、ぜひ見守っていただけたらと思っています。

神谷浩史

神谷浩史 学園祭事務局長役

森見登美彦先生の文章がそのまま動き出したような湯浅監督のフィルム世界の住人の声に選んでいただけたことを非常に光栄に思います!想像をはるかに超えているにも関わらず「そうそうこんな感じ!」とまるで答え合わせをしているような錯覚に陥る不思議な映像体験でした!事務局長は原作のエッセンスを膨らませていただき、相当に愛すべき人物になっていると思います!その部分に苦労させられましたが…今から完成が楽しみです!

秋山竜次(ロバート)

秋山竜次(ロバート) パンツ総番長役

マネージャーから声優のお仕事の話が来ましたと言われた時、「役は…人間?」と聞いたんです。これまでライオンとか“人間じゃない役”が多かったので「人間です」と言われたときは、正直ほっとしました。続けて「ちなみにどんな役?」と聞いたら「パンツ総番長です」って。いやいや確かに人間だけども、パンツ総番長って!!役作りは大変でしたが、意外にも僕が演じた“パンツ総番長”はとても一途で、ロマンチストで、愛嬌のあるキャラだったので、演じていて、すごくやりがいはありましたね!映画はすごく斬新で、オシャレで、味わったことないエンターテインメントに仕上がってると思いますので、お楽しみに!あ、ちなみに、僕も上半期はパンツをまだ一回も履き替えてません(笑)

中井和哉

中井和哉 樋口師匠役

台本を読んで難しい役だと思い、アフレコに臨んでホラやっぱりと思いました。世俗から解き放たれているようで、割合しっかり現実を生きてる。不思議な天狗を演じているようで、ただの学生のような気もしてきました。藤原啓治さんの樋口なんか見なきゃよかった。あれ最高ですから。でも、悪戦苦闘はしましたが、監督が辛抱強く導いて下さった私なりの樋口なので、完成を楽しみにしたいと思います。

湯浅政明 監督

森見登美彦先生の御長女「夜は短し歩けよ乙女」待望のアニメ映画化です!「四畳半神話大系」のスタッフが再び集結して張り切って制作いたしました!映画はタイトル通り、乙女が一晩歩き続けながら進行します!森見先生が構想しながら使わなかったアイディアも実現!以前読んだ時は気づかなかった、思わぬキャラクターの関係も読み解きました!先輩の声を、なんと星野源さんが担当という事も皆が張り切る理由に!!面白いこと請けあいなので、ぜひ劇場でご覧になってください!!

森見登美彦 原作

これまでの長い紆余曲折を振り返れば感無量。湯浅監督をはじめ関係各位のご尽力に深く感謝しつつ、「黒髪の乙女」と銀幕で出会える日を楽しみにしております。

後藤正文(ASIAN KUNG-FU GENERATION)

再び『四畳半神話大系』に関わった皆さんと仕事ができて嬉しいです。甘酸っぱくも不思議な世界観の作品に馴染むように、ちょっと変だけど爽やかな曲を書きました。星野源君にも歌ってほしいです。

CLOSE